日記

ピコ太郎?今回が大人気のアーティスト!歌手かと思った

今は広範放送などでも引っ張りだこな「ピコ太郎」君本当に登場が多いです。
形が 実は朴念仁なのに ヤー君風なビジュアル、でも歌とか凄くお茶目というギャップがあるので笑えます。
しかも「PPAP」という曲どはi have a Apple?とか ウゥー!などイングリッシュの滑り出しで習うせりふをユニークに歌い上げるチャンスとか思わず笑えてしまいます。
何かと何かを合成させる感じのミュージックがインプレッションだ。
ピコ太郎はマネージャー君がいても ピコ太郎自身は まだ利益が安定してないらしくパートしつつ放送に出ているようです。
ピコ太郎君は オリエンタルラジオとかラッスンゴレライみたいな減り張りモデルかと思ってましたが 定型なプレイヤーと聞いて驚きました。
YouTubeの甦生頻度が爆発的に多いのが特徴です。
これくらい効能があると 生まれとか関係なくプレイクするんだなあと空想を持てました。
そう生まれは数量にしか過ぎません。ピコ太郎をみて学べます。