日記

毎朝団体にたどり着くと、シュラフに入って寝て仕舞う身なのである。

朝、サロンに着いて一番最初に俺が始めるは「寝る」ことである。
ジョークではなく、本当にゴロッと横になるのだ。
ただし、これは「商売の時給も前の現象」なので誤解しないように。
サロンにたどり着くとオフィスではなく「物置っぽい座敷」へと伺う。
そして隠していらっしゃるロールマットを敷き、シュラフ(寝袋)に入る。
我ながら変だ、というが「住宅から超遠い」サロンがいけないのだ。
近ければロールマットは敷いたかもしれないが、
シュラフには入らなかったという。
通勤は車で時給、不運渋滞に囚われると多め3~40分です。
それゆえ、何が起こっても遅刻しないようにと、
時給も早くサロンにたどり着くようにしているのである。
何人かは私のコレを知っているが、全員が分かる訳ではないという。
「今度誰かが寝ている俺を踏んだり、蹴っ飛ばしたり始めるんじゃないか」
と心配。
神に誓っていうが、俺がシュラフに入っているのは決して就業時間内ではない。
だからどうか、安心な寝顔に免じて
そっとしておいて望むという俺なのである。